お知らせ


茅野市は名古屋で「信州高原野菜マルシェ」を開催します。

八ヶ岳の高原育ちの採れたて野菜をALL100円(税込)で販売。澄んだ空気と水で育った高原野菜を是非この機会にご賞味ください。
同時に茅野(ちの)市移住相談会も行います。田舎暮らしのベテランスタッフが移住に関する不安や疑問にお答えします。

また当日アンケートにお答え頂いた先着100名様に八ヶ岳高原のお花or ハーブ苗のいずれかをプレゼント!
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

*悪天候により急遽イベントを中止する場合がございます。予めご了承ください。


イベント概要


  • 開催日時/2019年7月7日(日)10:00〜17:00
  • 開催場所/セントラルパークアネックス地下2F アネックスプラザ(無印良品前の連絡通路) 

開催場所


地下2階 アネックスプラザ

名古屋市中区錦3-5-4
セントラルパークアネックス地下2階 アネックスプラザ 

詳細はこちら →楽園信州ちの



八ヶ岳の裾野に広がる自然豊かな高原の村「原村」。

長野県原村の魅力を広く情報発信し、移住交流人口の増加と産業の活性化を図るため「地域おこし協力隊」2名を募集します。

詳細はチラシPDFファイルをダウンロードしてご確認ください。
【2019年7月30日締切】


ファイルを開く

地域おこし協力隊募集チラシ


募集要項・詳細はこちら →原村移住推進ポータルサイト


長野県原村のご紹介 →原村に住みたくなる3つの理由

現役の地域おこし協力隊インスタグラムもご覧ください


都市からの移住や二地域居住を希望する皆さまから注目をいただいている「原村」。
今回の現地見学会は2日間の企画です。田舎暮らし案内人との交流会など、余裕をもったご案内ができる内容となっています。ぜひ原村をまるごと体験しに来てください。

  • 開催日:令和元年7月26日(金)〜27日(土)
  • 申込受付期間:6月10日(月)~7月16日(火)
  • 会 場:原村役場及び村内
  • 定 員:25名(先着順)※参加費無料

ファイルを開く

第2回 田舎暮らし現地見学会チラシ


原村田舎暮らし現地見学会チラシ

スケジュール <令和元年7月26日(金)〜27日(土)>

1日目 : 7月26日(金)

  • 10:05 中央道原バス停集合(バス利用の方)
  • 10:30 JR茅野駅改札口集合(電車利用の方)
  • 10:50 原村役場3階講堂集合(自家用車の方)
  • 11:00 オリエンテーション(村の紹介・制度説明)
  • 12:00 昼食(個人負担)
  • 13:10 村内主要施設などの紹介
  • 14:30 田舎暮らし案内人との交流会
  • 16:30 1日目終了 ~ 個別相談(ご希望の方)

※村内宿泊施設利用者は送迎します

2日目 : 7月27日(土)

  • 8:30 村内宿泊利用者迎え
  • 8:50 原村役場駐車場集合
  • 9:00 物件見学①
  • 12:00 昼食(個人負担)
  • 13:10 物件見学②
  • 14:45 終了
  • 14:45 原村役場解散(自家用車の方)
  • 15:00 JR茅野駅解散(電車利用の方)
  • 15:00 中央道原バス停解散(バス利用の方)
参加に関する注意事項
  1. 参加費は無料ですが、自宅から集合場所までの交通費、宿泊代、食事代(昼食代 1食1,000円程度)等は自己負担となります。
  2. 昼食は村で事前に予約します。メニューはこちらで決めさせていただきますが、食物アレルギー等ありましたら事前にお知らせください。
  3. 現地見学会の間、傷害保険を掛けますので、生年月日を必ず記入してください。(費用は村が負担します。)
  4. 電車等をご利用の方は集合時間に遅れないようご自身で時刻を確認してください。
  5. 村内の宿泊施設をご利用の場合は、見学会当日の会場と宿泊施設間のみ送迎可能です。
  6. 宿泊先はご自身で予約してください。原村観光案内所(0266-74-2501)で宿泊先の紹介をしております。
  7. 参加申し込み後のキャンセルは早めにご連絡ください。直前のキャンセルはご遠慮ください。

お申込・詳細はこちら →原村移住サイト


移住したい女子のための会

移住したい女子のためのセミナー。
昨年に続きパワーアップしての第3弾。はじめての昼開催です。

諏訪圏移住交流推進事業連絡会も参加します。
移住に関する悩みは女子トークで解消しましょう!
お気軽にお出かけください♪


イベント概要


  • 日時/2019年6月22日(土)12:30〜15:30
  • 場所/東京交通会館8階 NPOふるさと回帰支援センター
  • 定員/20名
  • 参加団体/諏訪圏移住交流推進事業連絡会(岡谷市・諏訪市・茅野市・下諏訪町・富士見町・原村)、長野県、長野市、飯田市、小諸市、大町市、東御市、筑北村、小川村

こんな方にオススメ!


  • ローカルライフに関心がある
  • 田舎で自分の夢を叶えたい
  • 趣味をもっと満喫したい
  • 長野県に移住したいけど不安がある
  • 移住のことを話す友達がいない
  • ヨガが好き
  • 田舎が好き
  • 多少の不便は楽しめる

プログラム


12:30~15:30 座談会(カフェ形式でわいわい気軽に情報交換)

※座談会の途中、ゲストスピーカー体験談
※事前予約制で個別相談

開催場所


NPOふるさと回帰支援センター
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8F

セミナー詳細・お申込はこちら→ふるさと回帰支援センター



下諏訪町の「しごと創生拠点施設ホシスメバ」で第2弾の入居者募集が始まりました。
今回の募集では入居者自身が部屋のリノベーションを手掛けることができ、町から20万円までの補助があります。リノベーション初心者でも、専門家に相談しながらプランや材料の調達が可能です。

いずれ下諏訪で定住し、お店を開きたい!と思っている方におススメ。
ホシスメバに入居している2年間を有効に活用してリノベーション体験や下諏訪町内に自分の住まい・店舗を作るためのイメージを膨らませ、創業後の人脈も構築してください。

※詳細は下諏訪町公式サイトをご確認ください。
※6月7日と8日、東京での出張相談会も開催!現役の地域おこし協力隊から話しが聞けます。詳しくはこちら


信州・長野県への移住を考えている関西圏の皆様に、長野県の素晴らしさや移住先としての様々な魅力をPRし、ニーズに応じた個別相談を行うため「楽園信州移住セミナー」を大阪市で開催します。

当日は、伊那市へ遊びに来た際に食べたそばの味に感動。大阪府で19年間会社員として働いていましたが、その味を忘れることができず「伊那市でそば屋を開きたい」という思いが膨らみ伊那市へ移住。そば店を開業した移住経験者のゲストトークも。

岡谷市・諏訪市・茅野市・下諏訪町・富士見町・原村の6市町村と宅建協会諏訪支部で構成する「諏訪圏域移住交流推進事業連絡会」も大阪に伺います!ぜひご参加ください♪


ファイルを開く

裏面申込書からFAX申込みも可能


イベント概要


  • 開催日時/2019年6月15日(土)13:00〜16:00(12:40受付開始)
  • 開催場所/シティプラザ大阪4F 小会議室「凛」
  • 定 員/25名(要予約)
  • 応募締め切り/2019年6月13日(木)
  • 参加団体/長野県、飯田市、小諸市、中野市、大町市、飯山市、須高地域(須坂市・小布施町・高山村)、諏訪圏域移住交流推進事業連絡会(岡谷市・諏訪市・茅野市・下諏訪町・富士見町・原村)、(一社)長野県宅地建物取引業協会

プログラム

  • 移住者の体験談
    大阪府から伊那市に移住した岸野さんが移住体験についてお話します。
  • 市町村の紹介
    参加市町村がそれぞれの地域の魅力をお伝えします。
  • 個別相談会
    移住全般について、気になる市町村との相談タイムです。
    仕事、住まい、生活環境、支援制度など、なんでもご相談ください。

開催場所


シティプラザ大阪4階

大阪市中央区本町橋2-31
シティプラザ大阪4F 小会議室「凛」 

詳細・お申込フォームはこちら→楽園信州イベントページ



下諏訪町では、地域外の「若者、よそ者」の目線で町の魅力の再発掘と地域力を向上させ、町外への効果的な情報発信を行うことで、町へ移住定住してくださる方を一人でも多く増やすため、「地域おこし協力隊」として行政や地域と連携し、活動してくれる方を募集しています。

町の未来を一緒に考え、地域に溶け込みながら下諏訪に根付き、町を元気にしてくれる方のご応募をお待ちしています。

※詳細は下記リンクから下諏訪町公式サイトをご確認ください。

応募締切:2019年6月20日(木)必着


ファイルを開く

募集チラシA4両面


詳しくはこちら→下諏訪町公式サイト


移住交流拠点 mee mee center Sumebaイベントの様子


しごと創生拠点施設ホシスメバ イベントの様子


下諏訪町はこんな町です→下諏訪町で暮らしたくなる3つの理由


2019年2月8日(金)、楽園信州移住セミナー「移住したい女子のための夜の会」が、ふるさと回帰支援センターで開催されました。
昨年同様、満員御礼・予定数オーバーでの開催。
金曜日の夕方からでしたので、お仕事帰りの方も駆けつけてくださいました。

くじ引きで4テーブルに分かれ着席。
各テーブルには2名ずつ移住経験者・地域おこし協力隊・市町村職員が座りました。








県内各地のお菓子や飲み物を囲んで開会と同時に女子トーク&もぐもぐタイム。
諏訪圏からの提供は、原村・地域おこし協力隊の尾島さん手作りの10種類のクッキー。
各テーブルから歓声が上がり、写真撮影タイムになるほど大人気でした。



途中にヨガタイム。
まだ話したことのない方とペアを組み、簡単に出来るヨガでリフレッシュ。
更にペアを組み直して…と、仲間が増えていきます。


女子トーク座談会が盛り上がり、個別相談タイムはありませんでしたが諏訪圏への希望者が5名いらっしゃったので特設テーブルを作って対応致しました。
普段のセミナーと違って、とてもラフなお友達トーク♪
皆さん帰り際に「楽しかった~」「来て良かった~」「長野県の人が好きになった」と嬉しいコメントを頂きました。



2019年2月3日(日)、総務省主催の移住交流フェアが東京国際フォーラムを会場に開催され、我が連絡会も「諏訪湖・八ヶ岳エリア」ブースとして参加しました。

B級グルメの会場やステージプログラム等々、様々な趣向を凝らしたイベントで、私たちのブースにも、たくさんの移住希望者が相談に来てくれました。

お客様の中には、今回出展がない長野県内地域への移住希望者の方も。
わかる範囲ですが、ぜひ長野県へ!という気持ちで対応させていただきました。

外国の方も2組ご相談あり。英語対応できるスタッフがいたのは新しい発見です。



 



▲総務大臣の開会挨拶でスタート
SPの数と総務省職員の数にびっくりしました(^^;)。



▲総務大臣と官僚の方が各ブースを訪問
諏訪圏ブース前にお越しになった時、「諏訪湖・八ヶ岳、温泉のある暮らしをご紹介致します~」と言ったところ『あぁ…諏訪湖・八ヶ岳、とても人気のあるところだね』と、お言葉を頂きました♪(心臓バクバク)


連絡会スタッフメンバー


協力一致で対応します


スタッフは跪いて対応


たくさんの方に来ていただきました


当初イスは4脚でしたが追加レンタルして12脚。
同時に5組対応の時はイスが足らず、スタッフは跪いて対応するほどの大反響でした。
茅野市と原村の体験住宅や茅野市の薪ストーブと古民家ツアーは関心が高く、チラシが足りないほど。
ぜひ諏訪湖・八ヶ岳エリアに足を運んでください。お待ちしています♪



▲B級グルメ会場 盛り上げ隊
ビック餃子・明石焼・担々麺…軽食なのでハシゴして全部食べたという相談者さんも。



▲先輩移住者のトークタイム
富士見町・森のオフィス、津田さん人気でブースにお越しになる方も。
津田 賀央(つだよしお)さんの移住体験談


昨年に引き続き大阪のふるさと回帰フェア「いなか暮らしフェア2018」に「信州・諏訪圏」と茅野市の2ブースで出展し、PR&移住相談会をしてまいりました。2018年夏は全国的に観測史上の記録を塗り替える40度を超える猛暑続き。信州・諏訪地方ですら35度の予報でぐったりだというのに、大阪に出陣するのは覚悟がいりました。





地下鉄天満橋駅を出ると柱のあちこちに「いなか暮らしフェア」のポスター。
信州・諏訪圏は34番ブース。茅野市は35ブース。お隣で良かったです♪




11:00~17:00を予定していましたが、逆コースの台風12号接近の為、1時間繰り上げて16:00閉場となりました。昨年は18:00までだったこと思うと、今年は5時間という短時間勝負です。




去年より時間も少なくなり、接客ブースも4席→2席になったので心配もありましたが、おかげさまで昨年の2倍以上の相談者とお話しさせていただく事ができました。


後の席も使うほど来ていただきました♪


大阪と言えばたこ焼き!美味しかったです!


今回は若い方の相談がとても多く、みなさん真剣にお考えのご様子。
お話がまとまる事、楽しみにしています♪


5月12日(土)、諏訪圏移住交流推進事業連絡会主催の「モンベル諏訪店長が語るアウトドア満喫ライフのススメ」がふるさと回帰支援センターで開催されました。

モンベル諏訪店の岡崎店長による講演では、ご自身の転勤による移住経験から、他の地域と比べた諏訪での暮らし、諏訪で愉しめるアウトドアライフの内容を具体的にお話しいただきました。



2017年10月1日(日)、諏訪圏移住交流協会「すわなかま」主催の「フルーツほおずき交流会 in 笹原」が茅野市笹原地区で開催されました。
ほおずき農家の清水寿美子先生を講師に、フルーツほおずきの摘み取り体験と蔵鏝絵巡り、古民家でのジャムづくりと盛り沢山な内容です。
ジャムづくりと交流会の会場は関西から移住された高田さん宅の土間をお借りし、移住体験談などもお聞きしました。


集合場所で集落の蔵マップを発見

集合場所で集落の蔵マップを発見


まずは参加メンバーのご紹介

まずは参加メンバーのご紹介


7月29日(土)大阪天満OMMビル展示ホールB,Cにてふるさと回帰フェア2017in大阪「おいでや!いなか暮らしフェア」が開催され、諏訪圏移住交流推進事業連絡会からは宅建協会諏訪支部のメンバーと諏訪圏移住相談センター相談員の総勢4名で参加しました。

関西では最大の移住・定住イベントで、全国から200の地域が集結してPR。
大阪の回帰フェアは初めての出展でしたが、大勢のお客様にお越し頂きました。




2017年7月9日(日)、諏訪圏移住交流協会「すわなかま」主催の移住者交流会が茅野市「茅野茶輪たてしな日和」を会場に開催されました。

岡谷市に移住された清水由美先生を講師に迎え、「地元で今咲いている花」にこだわった生け花教室とランチ交流会です。

会場の「茅野茶輪たてしな日和」は茅野市に移住されたオーナーが開いたお店で、現在「楽ちのステーション」として茅野市の移住相談協力店でもあります。
今回のイベントも快くご協力いただきました。

◎茅野茶輪たてしな日和 http://tateshinabiyori.com/
◎楽園信州ちの 楽ちのステーション http://rakuc.net/station/




7月1日(土)、長野県主催の楽園信州移住セミナーが名古屋市中日ビルにて開催され、諏訪圏移住交流推進事業連絡会からは宅建協会諏訪支部のメンバーと諏訪圏移住相談センター相談員の総勢5名で参加しました。
当日参加の方もいて、予約数を超える34名(28組)の参加者をお迎えすることができました。


会場一杯の参加者

諏訪圏のご紹介

5月13日、有楽町ふるさと回帰支援センターにて、
諏訪圏移住交流推進事業連絡会主催の諏訪圏合同移住セミナー&わーくわく交流会を開催しました。
諏訪圏への移住経験者さん(Uターン・Iターン)6名に同行していただき、
交流会や個別相談など盛りだくさんの内容で、多くの皆様にご参加いただきました。




「古民家で音楽と紅茶のひととき&交流会」が、2016年8月27日(土)諏訪市のレンタルスペース「音ギャラリー風我」で開催されました。

諏訪圏へ移住された方、移住したい方、移住を応援したい方を結び、移住者ネットワークを作る第一段階として開催されたイベントで、60名の方にご参加いただきました。

紅茶インストラクターによるティーセミナー、ピアノとヴァイオリンのコンサート、交流会と3部構成の盛り沢山な内容です。




諏訪地域移住下見バスハイク&交流会が、2016年8月7日(日)に行われました。
当日は、信州諏訪地域では年に数日の猛暑日でした。諏訪湖周2市1町〈岡谷市・諏訪市・下諏訪町〉を観て、感じて、暮らしをイメージしていただけるよう地域の生活環境や不動産物件をマイクロバスで巡りました。


皆さんマイクロバスに乗って出発

皆さんマイクロバスに乗って出発


地域見学『岡谷市民病院』

地域見学『岡谷市民病院』


平成28年6月19日(日)、銀座NAGANO2階にて「諏訪の魅力体感セミナー2016」を開催しました。
総勢29名(21組)の方に、ご参加いただきました。


サインボード

サインボード


銀座NAGANO

銀座NAGANO


今回は諏訪の魅力を体験していただくために、味噌ソムリエの佐々木愛さんによります「味噌ボール講座」も企画しました。来場していただいたお客様には、まずは佐々木さんのお味噌のウェルカムドリンクでおもてなしをしました。


味噌ボール

味噌ボール


ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンク


いよいよイベントの開始です。
第1部は『諏訪の魅力を聞く』として、神奈川県藤沢市から富士見町へ移住された井上完一さんの移住体験談をお聞きしました。パワーポイントの他に手作りの紙芝居をご持参いただき、「ちいさいおうち」の朗読もしていただきました。井上さんが移住で何をされたかったのかの思いがこもっていました。

第2部は『諏訪の魅力を観る』として、諏訪圏の不動産情報の動画を見ていただきました。エリアの雰囲気や中古住宅・貸家・土地の平均相場を感じていただく動画で、気になる情報にはみなさん身を乗り出して見入っていました。