近隣関係・お付き合い

各市町村では比較的広い居住地域の単位を〇〇区(町内会のイメージ)と呼びます。区には区長さんがいて、市役所と連携して行政サービスの円滑化のための業務や公民館活動やお祭り、親睦行事等が行われています。区の下にはさらに隣組が組織されています。通常は10〜20軒程度で1つの隣組を組織するようです。市役所からの連絡事項や広報誌、配布文書などは区を経由し、隣組長が各居住者に配布する仕組みです。ゴミ出しや災害時の避難等も隣組単位で行われます。最近では防犯や防災に関して隣組組織を活用した互助制度を推進しています。