生活環境全般

道路に雪が積もったり、その後凍り付いてしまったりすると、通常のタイヤ(ノーマルタイヤまたは夏タイヤと呼びます)ではスリップしてしまい自動車の運転が困難です。雪の降る地域では、冬季になると雪道専用のタイヤ(スタッドレスタイヤ)に交換して冬場の降雪に備えます。諏訪圏の場合、12月の初旬から3月末頃までは冬タイヤで走り、4月から11月末頃までは夏タイヤで走るわけです。つまり年2回はタイヤの履き替えを行う必要があります。自分でタイヤ交換する人もいれば、スタンドやタイヤショップに依頼する人もいます。タイヤの大きさにもよりますが、普通車サイズでタイヤ1本当たり500円程度の料金が必要です。また、使用していないタイヤは物置やベランダ等で保管することになりますが、最近では有料の保管サービスもあります。