住まい探し

多くの場合可能ですが、稀に所有者の私物がある等の理由で下見不可の物件もあります。実際に管理している不動産業者に個別に確認する必要があります。市町村や各種団体で開催する物件見学ツアーを利用すると効率的に物件の下見ができるので一度は参加をおススメします。複数の物件を比較できるので相場観を養うことができます。連絡会のHP等でこまめに物件見学ツアーの開催情報をチェックしましょう。